理事長ご挨拶

医療と介護を通じて地域の生活を支えたい

平成3年に「中村診療所」を開院して以来、堺市中区の地で診療を行ってきました。また、地域のかかりつけ医として、訪問診療、訪問看護、訪問リハビリにも力を入れ、平成12年にはケアプランセンター・ヘルパーステーションを開設しました。

 

それでも、実際に在宅の現場では、要介護状態になった途端に自力での生活が 困難になる方がたくさんいます。
健康を支えるためには生活も支えなければならないとの思いから、平成15年に「デイサービスセンターくぜのさと」、平成23年に「有料老人ホームくぜのさと」、平成27年に「サービス付き高齢者向け住宅くぜのさと東八田」を開設しました。
さらに、令和2年に病気の早期発見・治療のために「なかむら内視鏡センター」をオープンしました。

 

開院からの30年来の月日を振り返ると、大震災、リーマンショック、 コロナ禍と様々な出来事がありました。その中で、人と人の繋がりの重要性を考えさせられます。
中村会では、利用者様を厚く思い、利用者様・スタッフともに心豊かに過ごせる地域を目指しています。私たちの日々の取り組みが地域の皆様の健康と生活を支える一助になるべく、「人に厚く 人を豊かに」 の思いでこれからも鋭意努力していく所存です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

理事長 中村哲彦

医療法人 中村会
理事長
中村 哲彦

中村会 法人理念

「人に厚く、人を豊かに」

医療・介護のトータルケアを目指します

ご利用者様やご家族様に寄り添った医療・介護のトータルケアを目指します

患者様、ご利用者様が一日一日を笑顔でお過ごしになれるよう、医療、介護、住環境、リハビリ、レクリエーション、お食事の全てで最適なものを提供するように心がけています。

また、医療・介護の垣根のないトータルケアを提供することで、ご利用者様・ご家族様が安心できる、寄り添ったサービスを実践しています。

安心・安全なサービスを目指します

常に質の向上と、安心・安全なサービスを目指します

患者様、ご利用者様の日々の体調を把握し、医療と介護の緊密な連携により安心・安全な環境を提供します。

常に改善し、コミュニケーションをとってサービスの質の向上を追求することで、患者様、ご利用者様の不安を取り除くと考え、日々取り組んでいます。

働きがいを感じ心が豊かになる環境

働きがいを感じ心が豊かになる環境を作ります

全てのスタッフは中村会の財産であり、一つのチームです。中村会で働くのを選んでくれたことに感謝しながら、スタッフ一人一人を理解し、長くやりがいを持って心が豊かになる環境づくりを行います。

研修や勉強会などの教育にも力を入れ、医療・介護に関わる一員として「人に厚く」なり、同時に利用者様とスタッフ両方の「心が豊かになる」成長がなされる場でありたいと考えています。

中村会の沿革

平成3年 中村診療所を開設
平成5年 医療法人中村会 中村診療所に組織変更
平成12年 ケアプランセンター・ヘルパーステーション開設
平成15年 デイサービスセンター開設
平成23年 有料老人ホームくぜのさと開設
平成27年 サービス付き高齢者向け住宅くぜのさと東八田開設
令和2年 なかむら内視鏡センター・オープン